TOP PAGE MACHINE EVENT TEAM

NEWSMAIL -ニュースメール-
Vol. 119 2015年3月号

MACHINE

3月の活動報告です。
3月はフレーム製作を中心に足回りの治具製作や、工場での部品加工を行いました。

パワートレイン担当

石川 智彬 (プロジェクトリーダー 理工学部機械工学科2年)

諸事情により4月からチームリーダーを務めることになりました。仕事はどんどん周りに投げていくつもりですが、スポンサー様への対応や事故防止などにも責任を持つ立場となります。TDを兼任する形で製作工程の管理も行うことになり、責任が重くのしかかっていますが、なんとかチームを引っ張っていきたいと思います。

車両製作の方は3月に入り春休みも終盤になる中で、アームブラケットやエンジンマウントなどを製作し、フレームに溶接していくのが主な仕事でした。そのほかにもシートの設計などを並行して進めていました。4月には新入生も来てくれると思うので、指導兼製作を進められるよう、頑張っていきたいと思います。

相原 祐平 (パワートレインリーダー 理工学部物理情報工学科2年)

春休みも終わりに近づき、段々とマシンも完成に近づいて行かなければならない時期になりましたが、なかなか製作が進まず、未だフレームの状態が続いています。少しずつは進んではいるのですが、他のチームはシェイクダウンしているところも出てきているので流石に急いでいかねばなりません。

無事に(?) 自分の進級も決まりました。4月になって新入生も迎え入れて教える立場に立たなくてはなりませんが、しっかりと伝えることを伝えていき、製作も今まで以上にしっかりと進めていこうと思います。

マネジメント担当

太田 篤 (サブプロジェクトリーダー 法学部政治学科2年)

こんにちは。

今月は新たに設けられたFM関東(FSAE参加校による情報共有の場)のマネジメント部門に参加してきました。
様々な学校のスケジュール管理や財政事情等に関するお話が伺え大変有意義でした。

また追いコン行われ、1年の時間の流れを身にしみて感じ、新歓が迫っていることも痛感しました。

気合、入れて、行きます。

シャシー担当

吉村 俊太 (シャシーリーダー 理工学部システムデザイン工学科2年)

3月は引き続きフレーム製作を行ない、無事に基本構造の製作は完了しました。 その後、各サスペンションアーム用のブラケットの製作に入っています。

設計は基本的にCAD上で行なうため、実際に製作してみると、CADでは気付かなかったことやちょっとした設計ミスが少なからずあり、反省の日々を送っています。 特にアームブラケットはある程度余裕を持って設計しているとはいえ、フレームの溶接時にどうしても多少の歪みが出てしまうため、 ボルトを抜き差しする時にフレームに干渉しないか等、心配になることも多くありました。 今回気付いたことやミスはしっかりと次の部品、次のマシンに生かしていきたいと思っています。

また、3月ということで追い出しコンパの開催と新歓の準備も行ないました。

今年大学を卒業される先輩方は、総合8位を獲得したKF-11プロジェクトの中心メンバーであり、今プロジェクトにおいても多くのアドバイスを頂いたり、相談に乗っていただきました。 自分にとっては1年弱という短い期間でしたが、今プロジェクトに関する部分だけでも感謝の気持ちでいっぱいです。 大学院に進学される先輩方には、今後もアドバイザーとしてチームを支えていただくことになります。 その支えを無駄にしないように生かしながら、KF-13プロジェクトおよび今後の活動を進めていきたいと思います。

新歓の準備は、主にポスターとチラシの製作とオリエンテーション期間中の説明会等のスケジュール確認を行ないました。 現在の現役メンバーの人数はチーム体制としてもギリギリに近い状態です。 少しでも多くの新入生に学生フォーミュラについて知ってもらい、興味を持ってもらえるように頑張ります。

TOP PAGE MACHINE EVENT TEAM

サイトマップ ログイン